ヴォーリズ建築の洋館レストラン『旧静岡英和女学院宣教師館 ミス・カニンハム

お問い合わせ TEL 054-277-9090

お問い合わせ TEL 054-277-9090 (電話受付:平日9:00〜17:00)

ブログBlog

お庭に春の訪れ

こんにちは。ミスカニンハム マダムの榎戸です。

今年は暖冬で春が一ヶ月早いと言われていますね。
本当に・・・。



春の味覚をお庭で採集。今夜は天婦羅に決まり。

毎年、いつの間にか顔を出す ふきのとう。

3月ですものね。月日が流れるのが早い早い。



白いクリスマスローズも咲きました。

少し俯き加減に咲く控え目なお花ですね。

花言葉は「いたわり」なのだそうです。

俯き加減なところが優しく寄り添うような

「いたわり」を感じさせます。



ピンクのクリスマスローズは満開です。

一雨ごとにだお庭が賑やかになってゆきます。



足元に白いイベリスの花。毎年、春を知らせてくれます。



雪柳も一斉に咲き始めました。

満開になると見事です。



昨年夏に仲間入りしたバラたちも一斉に

目を出し、葉を広げています。

5月には咲くかな。肥料と消毒の始まりです。

----------------------------------------------------------------

【3月21日祝】高校生バリスタコラボワンデーカフェ

恒例となった、高校生バリスタ山本くんとのコラボ。
ミスカニンハムのワンデーカフェのマスターとして
至福の一杯を提供してくれますよ。
3月21日 祝日(11時〜16時)です。



12月にコーヒーマスターに合格して、
高校生バリスタ修行中だった「修行中」が取れました。
このバッジがその印です。

季節に合わせてハンドメイドのスィーツをマダムが
そのスィーツに合わせて珈琲豆を選ぶマスター。
今月は、どんなコラボになりますか。
お楽しみに!!お待ちしています。
【日程】3月21日祝日
【時間】11時〜16時
【メニュー】珈琲&スィーツセット1000円
珈琲のお代わり1杯500円

----------------------------------------------------------------

【3月19日火】ハーブで繙くシェイクスピア 紅茶・スィーツ・ワークショップ付き

第2回【ハムレット】
シェイクスピアの作品には
約180種類もの植物が登場します。
ハーブの香りを始め様々な効能や花言葉が
効果的に戯曲の中に埋め込まれているのを
ご存知でしたか?



先月の第1回目はロミオとジュリエットを
紐解いて行きました。
ローズマリーや薔薇の登場が効果的な
役割を果たしていました。

そしてハーブの効能を活かしたトリックが
時間差の悪戯で若い恋人の死へ。

講座はハーブが持つ奥深い魅力を学びながら、
シェイクスピアの作品を更に楽しむ
アカデミックな3回講座。


今回のハーブのワークショップは、
ローズシュガーづくり体験。お持ち帰りできます。

そして、英文学にはかかせない、紅茶と英国菓子。


テーマにちなんだサロンドテAIの紅茶と
スィーツもついている、なんとも贅沢な講座です。

講師:金原純子
費用:3500円税込
教材、サロンドテAIの紅茶、スィーツつき
申込:054-277-9090

----------------------------------------------------------------

桃の節句フラワーアレンジとさくら飯

月に一度の英和プチカル。
講師も受講生も英和生です。
学年を超えて交流できる母校の有難さ。

今日は、同級生が集まりました。

まずは、ランチ。
桃の節句なので、可愛らしく さくら飯。
春キャベツと人参のキッシュ。
菜の花の鰹節和え、朝どりフキノトウ天麩羅。
今年は春が早いですね。

デザートは、昨日焼いたレモンとバターのケーキ。
先輩のスリランカ土産のキャンディ紅茶。

ひな祭りをテーマにしたフラワーアレンジメント。
いつものことながら、個性的な作品ばかり。



----------------------------------------------------------------

スリランカ紅茶を淹れてみました

こんにちは。ミスカニンハムの榎戸です。

大学の先輩がスリランカ紅茶を
お土産にくださいました。


茶葉ブロークンオレンジペコです。

さっそく、腕試し?淹れてみました。
調べてみると茶園はキャンディの近くのようす。
苦味なく飲みやすい紅茶ではないかと思います
3分で抽出したところ、美味しい。
日本人好みというか、甘さと微量の渋み。




スッキリとした味わいでした。
スリランカ、行ってみたいなぁ、、、。

----------------------------------------------------------------

【2月19日火】ハーブで繙くシェイクスピア 紅茶・スィーツ・ワークショップ付き

第1回【ロミオとジュリエット】
シェイクスピア活躍の作品には
約180種類もの植物が登場します。
ハーブの香りを始め様々な効能や花言葉が
効果的に戯曲の中に埋め込まれているのを
ご存知でしたか?



ハーブが持つ奥深い魅力を学びながら、
シェイクスピアの作品を更に楽しむ
アカデミックな3回講座。
ハーブのワークショップも体験。


英文学にはかかせない、紅茶とイギリス菓子。
テーマにちなんだサロンドテAIの紅茶と
スィーツもついている、なんとも贅沢な講座です。

講師:金原純子
費用:3500円税込
教材、サロンドテAIの紅茶、スィーツつき
申込:054-277-9090

----------------------------------------------------------------

毎月楽しみな「湖畔の声」

毎月、近江兄弟社から届く「湖畔の声」は
今月で1221号。もう100年以上続く月刊紙です。


第1号は明治45年だそう。ロングランですね。
近江兄弟社といえば、メンソレータムで有名です。
ウィリアム・メレル・ヴォーリズさんが経営者だと
ご存知の方は、少ないのでは?

もともと、ヴォーリズさんがアメリカに送っていた
日本での活動報告を日本国内の知人にも送ろうと
書いたものをまとめて出版したのが始まりとのこと。

今回の記事には、森下小学校の取り組みのことなど
書いてあります。
ミスカニンハムも名前がでてきます。嬉しいですね。

高校の後輩で牧師の望月麻生ちゃんのコラムも
掲載されていて毎月読むのが楽しみ。
昭和10年代の冊子にはお料理レシピの紹介があって
当時の家政塾での活動も想像します。
昔の記事はこちらにアーカイブがあります。
そのレシピを再現した試食会のことが書いてありました。

ミスカニンハムにも、竣工されてから16年間に
ここで食されたであろう、仲野 愛さんのレシピが
残っています。
レシピ本も作りたい、試食会もやりたいなぁ。
なんて夢を膨らませています。

----------------------------------------------------------------

オーストリア王妃・エリザベートの美の秘密とは?

ヨーロッパの王妃に学ぶハーブも最終回。
トリはやはり、このお方。
遠い遠いはるか昔の王妃さまではなくて
まだまだ没後120年の王妃さま。
ファンも多いエリザベート。


ウェルカムティはローズマリーとドライミカンの
ハーブティでした。
スッキリとして爽やかなハーブティです。
写真を忘れましたね!すいません。


愛称シシィと呼ばれた王妃の生涯について
いろいろお話ししながら、ハンドクリームを
作りました。
なんと!ネロリの精油がメインという
とても高価なハンドクリームです。
もちろんフェイスクリームでもOK


私はネロリのほかに、ゼラニウムとローズマリーも
1滴ずつ加えた、マイハンドクリーム。
普段はロクシタンのローズがお気に入りですが
ネロリの精油もローズと同じくらいに高価。
とても優しい良い香りです。


そして、お楽しみなサロンドテAIのスィーツと紅茶。
今日はオレンジティ🍊とケークサレ。
それから、シシィも好きだったというババロア。


楽しい時間はあっという間。
ヨーロッパの王妃に学ぶハーブの講座は
3回のシリーズで行いました。
1回目 エリザベス女王とシェイクスピア
2回目 マリーアントワネットと薔薇
3回目 エリザベートと美しさの秘密
講師は 薬剤師でありハーブアドバイザーの
金原純子先生。
純子先生は、学生時代は文学少女でもあり
ヨーロッパの歴史、イギリス文学の引出しが
いっぱい。
とてもアカデミックなハーブ講座でした。

来年は2月からハーブで読み解くシェイクスピア
3回シリーズを企画中。お楽しみに。

----------------------------------------------------------------

花講座:秋のアレンジメント

街路樹が黄色や赤に色づく季節。
一昨日から大道芸ワールドカップが始まり
街中は賑やかに人が出ています。

そんな中、心落ち着くひとときを
フラワーアレンジメントで味わいました。



ニシキギという枝を使ってアレンジの枠を
描いていきました。
その中に秋の花々を自由に活けて
同じ花材なのに同じ作品はひとつとしてない。




個性あふれる作品が出来上がりました。


私は早速、玄関に飾って自画自賛です。

----------------------------------------------------------------

ツアー受入:浜松マナベル倶楽部様

朝晩、いくらか肌寒くなりましたね。
夏が殊の外暑かった分、ホッとする秋です。
今日は、浜松から21名さまのバスツアーのお客様。
ティタイムをお過ごしになりました。

フランスのパティスリーで修行されたパティシエによる
秋のスイーツをお出ししました。

お庭も、秋の花が咲き始めて優しさを感じます。

叔母が送ってくれたアンネのバラも見頃。


玄関は挿し芽で増えたオリーブとシクラメン
そして、スカピオーサとアリッサムで華やぎました。

----------------------------------------------------------------

トップページ